WeddingDresser

会場別 ウェディングドレス

会場によって違うドレス選びのポイント

花嫁の美しさを十分に引き立たせるためには、もちろん素敵なドレスが必要ですが、もうひとつ会場との調和も大切なんです。会場の写真やパンフレットを持って、ドレス選びに行きましょう。会場の広さや、披露宴の形態、壁や装飾の色、証明、インテリアなどもチェックをしておき、そこに合う、そこで映えるウェディングドレスを選びましょう。

大聖堂など広く厳かな教会

教会は、神聖かつ厳粛な場所です。肌の露出を避けて、フルレングス、ハイネック、ロングスリーブなど清楚にまとめるのが基本です。ベールやグローブは忘れずに着用しましょう。教会にはバージンロード。美しい花嫁の後姿に注目を集めますので、トレーンやベールにこだわりたいものです。

ホテル・専門式場の披露宴会場

ホテルや専門式場の披露宴会場は広々と、天井が高く、豪華な装飾が目を惹きます。そのため、どうしても存在感のあるドレスを選ばなくてはなりません。広々とした会場に負けないよう、ボリューム感のあるデザインで、遠くに座る招待客にもしっかりとアピールできるよう意識して選びましょう。照明設備も充実しているので、上半身にインパクトがあり、デコルテが美しいドレスなら、広い会場でも存在感をしっかりアピールすることができます。

レストランやガーデンウエディング

レストランやガーデンウェディングでは、スペースにあまりゆとりがないため、動きやすさを意識したドレス選びをしましょう。また、素材もオーガンジーやチュールなどの軽いものをベースに、ディテールにこだわったAラインやスレンダー、ミディ丈のドレスがいいでしょう。ブーケは腕につける可愛らしいタイプのものを選びましょう。

海外ウエディング

ドレスを日本から持参するのであれば、ドレスはシワにならずパニエのいらないスレンダータイプがいいでしょう。ヨーロッパなどの大聖堂で行う場合は宗教上の決まりごともありますから、事前にウエディングエージェントと相談して決めましょう。また、現地への発送サービスや、現地のショップでのレンタルサービスなども利用できますので、相談してみましょう。

pickup

五反田 風俗

ヘルス 新宿

2015/7/23 更新

Copyright(c)2008 WeddingDresser. All rights reserved.